小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。」の曲は弦楽五重奏曲4番。

小林秀雄『モオツァルト』

小林秀雄がモーツアルトを評論した著作に『モオツァルト』があります。

そして、ことあるごとに引用される一文が「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。」です。

弦楽五重奏曲4番ト短調 K.516

いったい「涙がおいつけないほどのかなしさが疾走している」というのはどのような音なのでしょうか。

「弦楽五重奏曲4番ト短調 K.516」について語られたものです。
聴いてみましょう。

play_circle_filled
pause_circle_filled
弦楽五重奏曲4番ト短調 K.516 1楽章
volume_down
volume_up
volume_off

「涙がおいつけないほどのかなしさが疾走している」
言われてみると確かにそのような気もしてきます・・・。
ちなみにこの一文は次のように続きます。

モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。涙の裡(うち)に玩弄(がんろう)するには美しすぎる。空の青さや海の匂いの様に、万葉の歌人が、その使用法をよく知っていた「かなし」という言葉の様にかなしい。

『モオツァルト』を読んで、モーツアルトにはまったという方もいらっしゃるようですが、逆にこういった格調の高さがクラシック音楽を遠ざけている気もします。

このサイトでは、音楽・メロディーそのものをシンプルに楽しみたいと思います。

関連記事

  1. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  2. 『絶望名言』。難聴のベートーベンの絶望名言とは。

  3. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  4. チャイコフスキーの肉声。初の蓄音機に大興奮

  5. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナの元祖キエフ・ルーシ国王が建設した。

  6. 「G線上のアリア」もとネタは。

  1. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  2. モーツアルトと父レオポルト

  3. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  4. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  5. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  6. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  7. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  8. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  9. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  10. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  1. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  2. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  3. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  4. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  5. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  6. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  7. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  8. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  9. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  10. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…