チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

チャイコフスキーは父親が官僚で、10歳で法律学校に入学し卒業後は法務省に勤務しました。
もともと音楽に強い興味をもっていて、しばらく働きながら音楽教室へ通った後、仕事を辞めて音楽院で作曲を勉強、優秀な成績で卒業しました。
その後新設のモスクワ音楽院の理論担当教師の仕事に就いたのです。

ちなみに。
ベートーベンはピアノが得意でした。
父親が歌手だったのですが、アルコール依存のきみがありベートーベンは虐待されながら、ピアノを習熟していきました。
ベートーベンが音楽で知られたのはまずピアニストとしてで、ピアノの先生として、貴族の子弟に教えてもいました。

モーツアルトはピアノに加えてヴァイオリンも得意でした。
父親に音楽を教育されたのはベートーベンと同じですが、モーツアルトの場合は”ほめ伸び(ほめられて伸びる)”で、ピアノとヴァイオリンを身に着けていったそうです。

play_circle_filled
pause_circle_filled
チャイコフスキー交響曲第3番【ポーランド】2楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  2. ロシア国立交響楽団のチャイコフスキー

  3. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  4. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」が勢力拡大と神聖ローマ帝国

  5. バッハ。J.S.バッハ C.P.Eバッハ J.C.バッハ 誰?

  6. ベートーベン作曲 序曲『コリオラン』、序曲『エグモント』