チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

チャイコフスキーは父親が官僚で、10歳で法律学校に入学し卒業後は法務省に勤務しました。
もともと音楽に強い興味をもっていて、しばらく働きながら音楽教室へ通った後、仕事を辞めて音楽院で作曲を勉強、優秀な成績で卒業しました。
その後新設のモスクワ音楽院の理論担当教師の仕事に就いたのです。

ちなみに。
ベートーベンはピアノが得意でした。
父親が歌手だったのですが、アルコール依存のきみがありベートーベンは虐待されながら、ピアノを習熟していきました。
ベートーベンが音楽で知られたのはまずピアニストとしてで、ピアノの先生として、貴族の子弟に教えてもいました。

モーツアルトはピアノに加えてヴァイオリンも得意でした。
父親に音楽を教育されたのはベートーベンと同じですが、モーツアルトの場合は”ほめ伸び(ほめられて伸びる)”で、ピアノとヴァイオリンを身に着けていったそうです。

play_circle_filled
pause_circle_filled
チャイコフスキー交響曲第3番【ポーランド】2楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. ベートーベン交響曲第1番 全楽章さび

  2. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  3. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  4. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  5. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあり。

  6. チャイコフスキー って場所があった!

  1. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  2. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  3. チャイコフスキーの妻

  4. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  5. チャイコフスキーの死因

  6. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  7. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  8. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  9. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  10. ベートーベン交響曲第3番『英雄』表紙。「ボナパルト」が消された!

  1. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  2. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  3. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  4. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  5. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  6. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  7. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  8. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  9. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  10. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…