ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘトマンの息子

ベートーベンのパトロン・ラズモフスキー

ベートーベンの大パトロンの1人にラズモフスキーがいます。
「ラズモフスキー」と冠のついた弦楽四重奏や、交響曲第5番『運命』、第6番『田園』などにかかわっています。

ラズモフスキーはもとはウクライナの独立をめざしたコサック出身です。
コサックのリーダーをヘトマンとよびますが、最後のヘトマンがラズモフスキーの父でした。

最後のヘトマン

ヘトマンといえばマゼッパがいます。

「ポルタヴァの戦い」でモスクワと戦って敗れました。

マゼッパの敗北後、ヘトマンはロシアに弱体化され消滅させたれていきます。
最後のヘトマンを務めたのがキリロ・ラズモフスキーでした。

キリロ・ラズモフスキーは西欧の教育を受け、若くしてヘトマンに就任し、宮殿や劇場をつくりました。

アンドレイ・ラズモフスキー

当時、ロシアの皇帝はエカテリーナで、彼女はキリロを退位させ、その代わりに広大な領地を与えました。
キリロの息子がアンドレイ・ラズモフスキーです。

アンドレイ・ラズモフスキーはロシアの駐オーストリア大使に就き、ウィーン会議にロシア全権として出席したのです。

日本生まれの国際NGO AAR Japan[難民を助ける会]はウクライナ避難民の方々支援のための寄付を募っています

ウクライナとポーランド。ポーランドがウクライナをとり、ロシアがポーランドをとる。

ゼレンスキー・ウクライナ大統領が演説するときにあるマーク、その意味とは

ウクライナ国歌 「そうコサックの子孫であることを」これがウクライナの強さの原点

関連記事

  1. ロシア国立交響楽団[シンフォニック・カペレ]2019

  2. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト」5バージョン全解説

  3. 読売日本交響楽団の第9

  4. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  5. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  6. モーツアルトのオペラ「魔笛」はフリーメイソンのための曲

  1. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  2. モーツアルトのオペラ「魔笛」はフリーメイソンのための曲

  3. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  4. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  5. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  6. ベートーベン交響曲第3番『英雄』表紙。「ボナパルト」が消された!

  7. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  8. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  9. チャイコフスキーの妻

  10. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  1. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  2. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  3. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  4. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  5. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  6. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  7. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  8. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…

  9. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  10. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…