ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘトマンの息子

ベートーベンのパトロン・ラズモフスキー

ベートーベンの大パトロンの1人にラズモフスキーがいます。
「ラズモフスキー」と冠のついた弦楽四重奏や、交響曲第5番『運命』、第6番『田園』などにかかわっています。

ラズモフスキーはもとはウクライナの独立をめざしたコサック出身です。
コサックのリーダーをヘトマンとよびますが、最後のヘトマンがラズモフスキーの父でした。

最後のヘトマン

ヘトマンといえばマゼッパがいます。

「ポルタヴァの戦い」でモスクワと戦って敗れました。

マゼッパの敗北後、ヘトマンはロシアに弱体化され消滅させたれていきます。
最後のヘトマンを務めたのがキリロ・ラズモフスキーでした。

キリロ・ラズモフスキーは西欧の教育を受け、若くしてヘトマンに就任し、宮殿や劇場をつくりました。

アンドレイ・ラズモフスキー

当時、ロシアの皇帝はエカテリーナで、彼女はキリロを退位させ、その代わりに広大な領地を与えました。
キリロの息子がアンドレイ・ラズモフスキーです。

アンドレイ・ラズモフスキーはロシアの駐オーストリア大使に就き、ウィーン会議にロシア全権として出席したのです。

日本生まれの国際NGO AAR Japan[難民を助ける会]はウクライナ避難民の方々支援のための寄付を募っています

ウクライナとポーランド。ポーランドがウクライナをとり、ロシアがポーランドをとる。

ゼレンスキー・ウクライナ大統領が演説するときにあるマーク、その意味とは

ウクライナ国歌 「そうコサックの子孫であることを」これがウクライナの強さの原点

関連記事

  1. チャイコフスキーの肉声。初の蓄音機に大興奮

  2. チャイコフスキーの妻

  3. ベートーベン作曲 序曲『コリオラン』、序曲『エグモント』

  4. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台

  5. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  6. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見られる】

  1. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  2. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  3. モーツアルトのオペラ「魔笛」はフリーメイソンのための曲

  4. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  5. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  6. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  7. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  8. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  9. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  10. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  1. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  2. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  3. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  4. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  5. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  6. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  7. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  8. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  9. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  10. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…