チャイコフスキーの妻

チャイコフスキーの妻

チャイコフスキーはLGTBだったと伝えられていますが、結婚もしていました。
チャイコフスキーが教師をしていたモスクワの新設音楽院の教え子です。

ミリューコヴァは9歳年下で、激しくチャイコフスキーに恋したようで、押して押しておしまくって、結婚にこぎつけたということのようです。

新婚旅行で

チャイコフスキーは結局、彼女と愛を深めることはできず、結婚生活は2カ月もたず家出をしました。

チャイコフスキーにはもう一人重要な女性がいます。
大富豪の未亡人のナデージタ・フォン・メックです。
ただ、この女性は彼女というよりはパトロンで、お金と手紙は出すが直接会うことはなかったということです。

メック夫人
メック夫人に捧げる交響曲

チャイコフスキーは結婚の失敗で国外へ傷心の旅に出ました。
旅先のイタリアでメック夫人に捧げる交響曲として作曲したのが第4番です。
メック夫人は「わたしたちの交響曲」と呼んで喜んだそうです。

そういえば、傷心から立ち上がるような感じもします。

play_circle_filled
pause_circle_filled
チャイコフスキー交響曲第4番1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
いわれてみると、傷心から立ち上がるような感じもします。

関連記事

  1. 「G線上のアリア」もとネタは。

  2. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト」5バージョン全解説

  3. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。」の曲は弦楽五重奏曲4番。

  4. ロシア国立交響楽団[シンフォニック・カペレ]2019

  5. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  6. チャイコフスキー交響曲第6番『この交響曲のタイトルは謎である』

  1. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  2. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  3. モーツアルトのオペラ「魔笛」はフリーメイソンのための曲

  4. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  5. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  6. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  7. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  8. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  9. チャイコフスキーの妻

  10. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  1. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  2. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  3. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…

  4. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  5. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  6. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  7. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  8. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  9. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  10. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…