チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクライナ』とします。

ウクライナはクラシック有名曲の元ネタの宝庫です。

・チャイコフスキー作曲 交響曲第2番『小ロシア』
・ムソルグスキー作曲 組曲『展覧会の絵』の最後の曲で超有名な「キエフの大門」
・ボロディン作曲 オペラ『イーゴリ―公』。韃靼(だったん)人の踊り。
・チャイコフスキー作曲 オペラ『マゼッパ』。No.15 間奏曲 「ポルタヴァの戦い」
・ベートーベン作曲 『ラズモフスキー弦楽四重奏曲』

以上、5つをシリーズで聴いてウクライナを応援します。

今回は

チャイコフスキー作曲 交響曲第2番『小ロシア』

まずウクライナに謝らなければいけません。
このサイトでも交響曲第2番『小ロシア』としてさびを載せていました。

今日から、交響曲第2番『ウクライナ』にします。

『小ロシア』はウクライナがロシア帝国の支配下になった際、そう呼称したのです。
“ウクライナ”はロシアでは「辺境の地」を意味することばでした。
もちろん、ウクライナはこれを植民地的屈辱の表現として拒否しています。

ウクライナ側の見解はウクライナはたんに「土地(ランド)」を意味するものであり、「辺境」ではないとしています。

チャイコフスキー作曲 交響曲第2番『ウクライナ』さび

play_circle_filled
pause_circle_filled
1楽章
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
2楽章
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
3楽章
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
4楽章
volume_down
volume_up
volume_off

日本生まれの国際NGO AAR Japan[難民を助ける会]はウクライナ避難民の方々支援のための寄付を募っています

ウクライナとロシアは兄弟か

ウクライナとポーランド。ポーランドがウクライナをとり、ロシアがポーランドをとる。

ゼレンスキー・ウクライナ大統領が演説するときにあるマーク、その意味とは

ウクライナ国歌 「そうコサックの子孫であることを」これがウクライナの強さの原点

関連記事

  1. チャイコフスキーの肉声。初の蓄音機に大興奮

  2. チャイコフスキー交響曲第6番『この交響曲のタイトルは謎である』

  3. ウィーン チェロ・アンサンブル 5+1

  4. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  5. ゲルギエフをミュンヘンフィルは契約解除してはいけなかった2つの理由

  6. ゲルギエフの「悲愴」

  1. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  2. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  3. チャイコフスキーの死因

  4. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  5. チャイコフスキーの妻

  6. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  7. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  8. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  9. ベートーベン交響曲第3番『英雄』表紙。「ボナパルト」が消された!

  10. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  1. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  2. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…

  3. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  4. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  5. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  6. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  7. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  8. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  9. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  10. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…