ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

イーゴリ―公

ボロディン作曲の歌劇に『イーゴリ―公』があります。
イーゴリ―公は「キエフの大門」をつくったヤロスラフ王の玄孫です。

イーゴリ―公の時代、キエフルーシは諸侯国に分裂し、勢力争いを続けていました。

ルーシのおもな諸国(1054-1237年)

イーゴリ―公とポロヴェツ人の戦い

勢力争いには諸侯国に加え、周辺の遊牧民ポロヴェツ人も加わっていました。
このイーゴリ―公とポロヴェツ人の戦いを描いた物語が『イーゴリ軍記』です。

Ivan Bilibinによる『イーゴリ―遠征物語』のイラスト

そして、この物語をもとにボロディンは『イーゴリ―公』を作曲したのです。

『韃靼人の踊り』

『イーゴリ―公』の中に特に有名な曲が『韃靼人の踊り』です。
原題は「Polovetsian Dances」で正式には「ポロヴェツの踊り」です。

ポロヴェッツはウクライナ周辺のテュルク系〔トルコ系の言語を話す突蕨(とつけつ)、ウイグルなど〕の遊牧民。
ポロヴェッツの他、モンゴル系などユーラシアの民族をひっくるめてタタール人といい、日本語で韃靼人と訳されます。

ボロディン作曲『イーゴリ―公』から『韃靼人の踊り』さび

play_circle_filled
pause_circle_filled
さび最後まで必聴です。
volume_down
volume_up
volume_off

日本生まれの国際NGO AAR Japan[難民を助ける会]はウクライナ避難民の方々支援のための寄付を募っています

ウクライナとロシアは兄弟か

ウクライナとポーランドの共通の敵、ロシア

ゼレンスキー・ウクライナ大統領が演説するときにあるマーク、その意味とは

ウクライナ国歌 「そうコサックの子孫であることを」これがウクライナの強さの原点

関連記事

  1. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  2. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ。

  3. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台

  4. ベートーベン交響曲第1番 全楽章さび

  5. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘトマンの息子

  6. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブルク帝国の都市

  1. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  2. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  3. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  4. モーツアルトと父レオポルト

  5. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  6. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  7. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  8. ベートーベン交響曲第3番『英雄』表紙。「ボナパルト」が消された!

  9. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  10. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  1. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…

  2. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  3. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  4. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  5. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  6. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  7. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  8. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  9. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  10. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…