ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

「ラズモフスキー1番」「ラズモフスキー2番」「ラズモフスキー3番」

ベートーベン作曲の弦楽四重奏曲は1番から16番まであります。
そのうち第7番、8番、9番はそれぞれ「ラズモフスキー1番」「ラズモフスキー2番」「ラズモフスキー3番」のサブタイトルがつけられています。

この「ラズモフスキー」は人名です。
ラズモフスキーはロシアの貴族で外交官、ウィーン会議でロシア特命大使だった人です。

ラズモフスキー

この人は、ベートーベンのパトロンでした。

ベートーベンのパトロン

ベートーベンは、富裕層から援助を受けて作曲活動を行っていたのです。

かなり広い範囲にファンがいました。

交響曲でいうと

第1番 オーストリアの貴族
第2番 ドイツの貴族
第3番 ボヘミアの貴族・ロブコヴィッツ侯爵
第4番 シュレージェン地方の貴族
第5番 ボヘミアの貴族・ロブコヴィッツ侯爵/ロシアの貴族・ラズモフスキー
第6番 ボヘミアの貴族・ロブコヴィッツ侯爵/ロシアの貴族・ラズモフスキー
第7番 オーストリアの銀行家
第8番 オーストリアの貴族・ルードルフ大公
第9番 プロイセン国王

大物過ぎがズラリです。

ラズモフスキーとベートーベン交響曲第5番「運命」

ラズモフスキーはなんと。第5番「運命」に出資している人です。
「ジャジャジャジャーン」もラズモフスキーあって今がある、というわけです。

チェロの入りがかっこよい

play_circle_filled
pause_circle_filled
弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー1番」1楽章
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあり。

  2. チャイコフスキー交響曲第6番『この交響曲のタイトルは謎である』

  3. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  4. ベートーベン作曲「レオノーレ」第1番、第2番、第3番。「フィデリオ」序曲。1つのオペラに4つの序曲の謎。

  5. チャイコフスキーの死因

  6. モーツアルト交響曲第31,36,38番。地名シリーズ

  1. モーツアルトと父レオポルト

  2. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  3. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  4. モーツアルトのオペラ「魔笛」はフリーメイソンのための曲

  5. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  6. チャイコフスキーの死因

  7. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  8. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  9. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  10. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  1. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  2. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  3. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  4. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  5. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  6. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  7. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  8. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  9. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  10. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…