モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

「ハフナー」はザルツブルクの幼馴染ハフナー家のために作られた曲です。

モーツアルトはザルツブルグで生まれ、ザルツブルクの宮廷音楽家となりましたが、ここで領主と合わず衝突、新天地ウィーンへ活動拠点を移しました。
これが1781年、モーツアルト25歳の時です。

翌年1782年にウィーンで作曲されたのが、交響曲第35番「ハフナー」です。
これ以降作られた第41番までが後期交響曲とくくられます。
後期交響曲は特に名曲揃いで「ハフナー」はその起点となった曲といえます。

play_circle_filled
pause_circle_filled
第35番「ハフナー」4楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. チャイコフスキーの妻

  2. チャイコフスキーの死因

  3. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。」の曲は弦楽五重奏曲4番。

  4. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  5. パユ様

  6. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  1. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  2. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  3. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  4. モーツアルトのオペラ「魔笛」はフリーメイソンのための曲

  5. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  6. ベートーベン交響曲第3番『英雄』表紙。「ボナパルト」が消された!

  7. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  8. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  9. モーツアルトと父レオポルト

  10. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  1. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  2. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  3. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  4. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  5. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  6. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  7. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  8. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  9. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  10. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった