モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブルク帝国の都市

モーツアルト ザルツブルクからウィーンに

モーツアルトは1756年にザルツブルクで生まれました。
ザルツブルクはザルツブルク大司教が君臨する独立国です。
宮廷作曲家の父のもと、音楽教育を与えられ子どもの頃から演奏旅行で活動をしていました。

成人したモーツアルトはザルツブルク領主のコロレド大司教とそりが合わず、1781年からウィーンに活動拠点を移します。

ハプスブルク帝国の地名がつけられた「リンツ」「プラハ」

ウィーンは”大帝国ハプスブルク”の事実上の首都です。

ウィーンでは音楽が盛んで才能のある音楽家が重宝されていました。

ウィーンに来てから作曲された交響曲は6曲です。

交響曲第35番 「ハフナー」1782年
交響曲第36番 「リンツ」1783年
交響曲第38番 「プラハ」1786年
交響曲第39番 1788年
交響曲第40番 1788年
交響曲第41番 「ジュピター」1788年

このうち、ハプスブルク帝国の地名が副題になっているのが2曲あります。
「リンツ」「プラハ」。

モーツアルト自身が副題をつけたわけではないと思われますが。気の合わないザルツブルク大司の元を飛び出してハプスブルク領内に入り伸び伸びと活動している様子が見えてくるようです。
リンツはオーストリアですからあたりまえにしても、プラハは現在のチェコです。
なぜチェコに? と思いますが、下記の地図を見ると違和感なく理解できます。

18世紀中頃のハプスブルク帝国


play_circle_filled
pause_circle_filled
モーツアルト交響曲第38番「プラハ」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  2. 「G線上のアリア」もとネタは。

  3. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  4. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。」の曲は弦楽五重奏曲4番。

  5. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  6. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  1. チャイコフスキーの妻

  2. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  3. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  4. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  5. チャイコフスキーの死因

  6. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  7. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  8. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  9. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  10. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  1. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  2. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  3. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  4. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…

  5. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  6. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  7. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  8. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  9. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  10. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…