「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

フィンランド独立への決意の曲

フィンランドで有名な曲に『フィンランディア』があります。
フィンランドの作曲家ジャン・シベリウスによって1899年に作曲されました。

この曲はロシアの圧政下にあったフィンランドが独立への機運を高めるなか作られました。

そもそもフィンランドはなぜロシアに抑圧されるのか

フィンランドはもともとスウェーデンの一部でしたが、1809年からロシア帝国内の大公国になっていました。
当初は自治が認められ、融和政策がとられていましたが、80年後の1889年に状況が一転しました。

ドイツの脅威が高まったことでロシアはフィンランドを軍事的に利用しようと軍事制度改革、ロシア帝国への徴兵、公用語をロシア語にするなど「ロシア化」を強要したのです。
一連の改革は「2月宣言」とよばれます。

「2月宣言」にたいしてフィンランドは激しく抵抗し、愛国独立運動が徐々に力を増しました。
その一環として新聞社が愛国歴史劇『歴史的情景』を主催し、シベリウスはその演劇の付随音楽を書くことで運動に参加したのです。
付随曲をのちに独立した曲に改訂した曲が「交響詩<フィンランディア>」です。

1905年、「2月宣言」は撤回されました。

フィンランド独立

1917年11月6日、フィンランドは独立を宣言しました。年ロシア革命のどさくさで独立を果たしました。

しかし、今度はソ連(ロシア)の侵攻にあうのです。

フィンランドの対ロシアとの歴史について詳しくは↓

フィンランドNATO加盟申請。積極的中立主義にいたったわけ。冬戦争、第2次世界大戦をこえて

シベリウス作曲「フィンランディア」

冒頭は、金管とティンパニーの不気味に響いてきます。広大なロシアが一刻一刻と近づいてきます。フィンランド、ピンチ!

play_circle_filled
pause_circle_filled
冒頭
volume_down
volume_up
volume_off
劣勢ぎみだったフィンランドも盛り返し、勇気に満ちた戦いは輝かしい勝利へ向かうのです。

play_circle_filled
pause_circle_filled
盛り上がり部
volume_down
volume_up
volume_off

日本生まれの国際NGO AAR Japan[難民を助ける会]はウクライナ避難民の方々支援のための寄付を募っています

【簡易にして完全版】ウクライナの歴史。キエフ・ルーシからコサックが起こり独立するまで


https://magazine7.net/kaliningrad/ ‎

【歴史地図】クリミア半島の地政学。ロシアがこだわる理由

【歴史地図】ウクライナとポーランド

ウクライナの国章「三叉の鉾」。ウクライナの独立の意思が込められている

【歴史地図】ウクライナ国歌 「そうコサックの子孫であることを」これがウクライナの強さの原点

関連記事

  1. チャイコフスキー交響曲第6番『この交響曲のタイトルは謎である』

  2. モーツアルトと父レオポルト

  3. ベートーベン作曲 序曲『コリオラン』、序曲『エグモント』

  4. チャイコフスキーの妻

  5. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト」5バージョン全解説

  6. ベートーベン作曲「レオノーレ」第1番、第2番、第3番。「フィデリオ」序曲。1つのオペラに4つの序曲の謎。

  1. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  2. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  3. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  4. モーツアルトと父レオポルト

  5. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  6. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  7. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  8. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  9. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  10. チャイコフスキーの妻

  1. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  2. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  3. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  4. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  5. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  6. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  7. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  8. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  9. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  10. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…