ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

ベートーベンが難聴に悩まされ、最後の交響曲『第9番「合唱つき」』を初演した際には大喝采がまったく聞こえなかった、といった話は有名です。

では、いったい聞こえなくなったのはいつごろからなのでしょうか。

第1番が作曲されたのが29歳の時、以前から不具合があったようですが、その頃はかなり進行していて、30歳の頃はほぼ聞こえなくなっていたそうです。
スタート直後に災難に見舞われていたというわけです。
つまり、1番から9番まで音無しで作曲されていたことになります。
難聴というのは、音が聞こえないばかりか耳鳴りが激しいそうです。

そんななか、実際の音を確認することなく、五線紙上に音符を並べて作曲するというのは、今でいったらPCのソフト上に書き込んで音楽を作成する初音ミクのようです。

play_circle_filled
pause_circle_filled
ベートーベン交響曲第1番4楽章
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. 「G線上のアリア」もとネタは。

  2. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。」の曲は弦楽五重奏曲4番。

  3. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  4. バッハ。J.S.バッハ C.P.Eバッハ J.C.バッハ 誰?

  5. 作曲家、どれが写真? 画?

  6. チャイコフスキーの肉声。初の蓄音機に大興奮

  1. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  2. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  3. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  4. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  5. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  6. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  7. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  8. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  9. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  10. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  1. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  2. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  3. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  4. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  5. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  6. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  7. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  8. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  9. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  10. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…