ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

ベートーベンが難聴に悩まされ、最後の交響曲『第9番「合唱つき」』を初演した際には大喝采がまったく聞こえなかった、といった話は有名です。

では、いったい聞こえなくなったのはいつごろからなのでしょうか。

第1番が作曲されたのが29歳の時、以前から不具合があったようですが、その頃はかなり進行していて、30歳の頃はほぼ聞こえなくなっていたそうです。
スタート直後に災難に見舞われていたというわけです。
つまり、1番から9番まで音無しで作曲されていたことになります。
難聴というのは、音が聞こえないばかりか耳鳴りが激しいそうです。

そんななか、実際の音を確認することなく、五線紙上に音符を並べて作曲するというのは、今でいったらPCのソフト上に書き込んで音楽を作成する初音ミクのようです。

play_circle_filled
pause_circle_filled
ベートーベン交響曲第1番4楽章
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. ベートーベン作曲 序曲『コリオラン』、序曲『エグモント』

  2. 樫本大進&小菅優デュオ・リサイタル

  3. モーツアルト交響曲第31,36,38番。地名シリーズ

  4. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  5. ベートーベン交響曲第1番 全楽章さび

  6. チャイコフスキーの妻

  1. チャイコフスキーの妻

  2. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  3. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  4. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  5. チャイコフスキーの死因

  6. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  7. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  8. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  9. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  10. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  1. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  2. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  3. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  4. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  5. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  6. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  7. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  8. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  9. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  10. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…