モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

モーツアルトの妻、コンスタンツェは悪妻として知られています。

コンスタンツェ

なぜ悪妻なのか。

  • 浪費が激しかった
  • モーツアルトの埋葬に立ち会わなかった
  • 墓参りさえしなかった
  • 遺稿をえげつないやりかたで売りさばいた
  • 再婚相手にモーツアルトの伝記を書かせて儲けた

など愛情に欠けお金に執着しているとのイメージが定着しています.
ですが、一方でモーツアルトが残した負債をがんばって返済した、という見方もあります。

モーツアルトの初恋

モーツアルトには片思いの人がいました。
ソプラノ歌手アロイジアです。
アロイジアはモーツアルトの仕事仲間の写譜屋ウェーバー家の4姉妹の次女です。

モーツアルトはアロイジアに猛烈に思いを募らせ曲を捧げたりもしたのですが、アロイジアの方は貧乏なモーツアルトを蹴り、他のパトロンの支援によって歌手としての成功をつかみました。

モーツアルト、コンスタンツェの出会い

時を経てモーツアルトがウェーバー家を訪ねたのは、すでにアロイジアは結婚した後でした。
そのかわりというわけではないのでしょうが、ウェーバー夫人はアロイジアの妹・コンスタンツェとの結婚を仲したのです。。

ちなみに、写譜屋ウェーバーは作曲家ウェーバーの兄です。

作曲家のウェーバー
play_circle_filled
pause_circle_filled
タイトル
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. モーツアルトの交響曲は41作品。絶対聴かなければいけない曲ベスト5

  2. チャイコフスキーの死因

  3. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」。「白鳥」は酷評だった!

  4. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変わった真相

  5. モーツアルトと父レオポルト

  6. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  1. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  2. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  3. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  4. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  5. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  6. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  7. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  8. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  9. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  10. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  1. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  2. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  3. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  4. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  5. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  6. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  7. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  8. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  9. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  10. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…