「G線上のアリア」もとネタは。

J.S.バッハの有名な曲に「G線上のアリア」があります。
これは、J.S.バッハの「管弦楽組曲第3番ニ長調第2曲 アリア」をヴァイオリニストのアウグスト・ウィルヘルミが演奏会でのアンコール曲用にヴァイオリン独奏として編曲したものです。

「G線」は、ヴァイオリンの4本ある弦のうち最低音の弦で、編曲にあたってニ長調だった原曲をハ長調に変換したことで、G線だけで演奏できることでそうよばれます。

バッハ「管弦楽組曲第3番ニ長調第2曲 アリア

play_circle_filled
pause_circle_filled
バッハ「管弦楽組曲第3番ニ長調第2曲 アリア」
volume_down
volume_up
volume_off

G線上のアリア ハ長調

関連記事

  1. ウィーン・プレミアム・コンサート ピアノは小菅優

  2. モーツアルトのゆかりの地をめぐるオーストリアの旅 web版

  3. 『絶望名言』。難聴のベートーベンの絶望名言とは。

  4. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  5. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  6. ベートーベン交響曲第1番 全楽章さび

  1. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  2. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  3. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  4. モーツアルトと父レオポルト

  5. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  6. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  7. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  8. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  9. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  10. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  1. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  2. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  3. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  4. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  5. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  6. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  7. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  8. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  9. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  10. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲