「G線上のアリア」もとネタは。

J.S.バッハの有名な曲に「G線上のアリア」があります。
これは、J.S.バッハの「管弦楽組曲第3番ニ長調第2曲 アリア」をヴァイオリニストのアウグスト・ウィルヘルミが演奏会でのアンコール曲用にヴァイオリン独奏として編曲したものです。

「G線」は、ヴァイオリンの4本ある弦のうち最低音の弦で、編曲にあたってニ長調だった原曲をハ長調に変換したことで、G線だけで演奏できることでそうよばれます。

バッハ「管弦楽組曲第3番ニ長調第2曲 アリア

play_circle_filled
pause_circle_filled
バッハ「管弦楽組曲第3番ニ長調第2曲 アリア」
volume_down
volume_up
volume_off

G線上のアリア ハ長調

関連記事

  1. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブルク帝国の都市

  2. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  3. チャイコフスキー交響曲第6番『この交響曲のタイトルは謎である』

  4. ロシア国立交響楽団[シンフォニック・カペレ]2019

  5. ベートーベン作曲「レオノーレ」第1番、第2番、第3番。「フィデリオ」序曲。1つのオペラに4つの序曲の謎。

  6. チャイコフスキー って場所があった!

  1. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  2. モーツアルトと父レオポルト

  3. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  4. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  5. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  6. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  7. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  8. チャイコフスキーの妻

  9. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  10. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  1. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  2. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  3. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  4. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  5. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  6. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  7. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  8. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  9. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  10. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび