チャイコフスキーの死因

チャイコフスキーの死因

チャイコフスキーは1893年に53歳で亡くなりました。
死因については明らかになっていません。

その死が急死だったために、死因については当時もその後もさまざまな説が伝えられています。

その1. コレラ説
その2. 同性愛だったから説
その3. チフス説

その1.コレラ説
1893年、ロシアではコレラが断続的に流行していました。
チャイコフスキーが生水を飲んだことでコレラ菌に侵された、というものです。

新型コロナウィルスは飛沫感染・接触感染で感染するということですが、コレラ菌はコレラ菌がついた水や食物を摂取して、その菌が小腸に届くと毒素を出して発病するということです。
罹患のルートは異なるものの、今だからこそ「生水を飲んでしまったの? そこに菌があったの?」という無念さがより実感できます。

その2.同性愛だったから説
高貴なお相手の身内が怒り、毒物を渡して自殺させた、というもの。
この説が発表されたのは1978年、チャイコフスキー研究家のアレクサンドラ・オルロヴァ女史によってです。
このスキャンダラスな説は一世を風靡し、最大の音楽事典の一つ『ニュー・グローヴ音楽事典』にも一時掲載されました。
ただ、この説を否定する論文が出てると勢いは衰え『ニュー・グローヴ音楽事典』でも「死因は不明」と書き直されました。

亡くなる数日前に初演された曲

亡くなったのは1893年、この年に作られた交響曲は交響曲第6番 ロ短調『悲愴』です。
亡くなる数日前に初演されました。

play_circle_filled
pause_circle_filled
チャイコフスキー交響曲第6番『悲愴』1楽章
volume_down
volume_up
volume_off
死を意識して作ったわけではないようですが、タイミング的にピタリ。
チャイコフスキーは”もって”ます。

関連記事

  1. モーツアルトと父レオポルト

  2. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  3. チャイコフスキーの肉声。初の蓄音機に大興奮

  4. モーツアルト、ベートーベン、チャイコフスキー、一番長生きなのは誰?

  5. ゲルギエフの「悲愴」

  6. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」