モーツアルトの交響曲は41作品。絶対聴かなければいけない曲ベスト5

モーツアルトの交響曲は41作品あります。
それでも人気のある曲は絞られてきて、25番以降とみてよいです。
レコード・CD録音が多い人気度を☆で表したのが次の表です。
ダントツ人気が40番、41番「ジュピター」。
あとを人名(35番「ハフナー」)・地名シリーズ(36番「リンツ」、38番「プラハ」)が追う、という形です。

副題 人気度
25
26
27
28
29 ☆☆
30
31 パリ
32
33
34
35 ハフナー ☆☆
36 リンツ ☆☆
37
38 プラハ ☆☆☆
39 ☆☆☆
40 ☆☆☆☆
41 ジュピター ☆☆☆☆

それぞれの1楽章さびを紹介します。

play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第35番「ハフナー」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第36番「リンツ」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第38番「プラハ」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第40番1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第41番「ジュピター」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. モーツアルト交響曲第31,36,38番。地名シリーズ

  2. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」はダ・ポンテとのコラボ

  3. ベルリンフィル・ハーモニー管弦楽団がキリル・ペトレンコとやってきた

  4. 指揮・松本宗利音&ピアノ・谷昴登with読売日本交響楽団

  5. ハンガリー国立歌劇場『魔笛』

  6. モーツアルトのゆかりの地をめぐるオーストリアの旅 web版

  1. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  2. チャイコフスキーの妻

  3. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  4. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  5. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  6. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  7. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  8. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  9. ベートーベン「不滅の恋人への手紙」。不滅の恋人は誰か。

  10. モーツアルトと父レオポルト

  1. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  2. ベートーベン作品とパトロン一覧【カテゴリー別、パトロン別に見ら…

  3. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  4. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  5. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  6. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  7. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  8. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  9. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  10. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲