モーツアルトの交響曲は41作品。絶対聴かなければいけない曲ベスト5

モーツアルトの交響曲は41作品あります。
それでも人気のある曲は絞られてきて、25番以降とみてよいです。
レコード・CD録音が多い人気度を☆で表したのが次の表です。
ダントツ人気が40番、41番「ジュピター」。
あとを人名(35番「ハフナー」)・地名シリーズ(36番「リンツ」、38番「プラハ」)が追う、という形です。

副題 人気度
25
26
27
28
29 ☆☆
30
31 パリ
32
33
34
35 ハフナー ☆☆
36 リンツ ☆☆
37
38 プラハ ☆☆☆
39 ☆☆☆
40 ☆☆☆☆
41 ジュピター ☆☆☆☆

それぞれの1楽章さびを紹介します。

play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第35番「ハフナー」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第36番「リンツ」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第38番「プラハ」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第40番1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
交響曲第41番「ジュピター」1楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. パユ様

  2. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と神聖ローマ帝国

  3. 作曲家、どれが写真? 画?

  4. モーツアルトと父レオポルト

  5. モーツアルト交響曲第31,36,38番。地名シリーズ

  6. モーツアルトのゆかりの地をめぐるオーストリアの旅 web版

  1. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  2. チャイコフスキーの妻

  3. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  4. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  5. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  6. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  7. ベートーベン交響曲第3番『英雄』表紙。「ボナパルト」が消された!

  8. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  9. チャイコフスキーの死因

  10. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  1. 「フィンランディア」ロシアからの独立への決意の曲

  2. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  3. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  4. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  5. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  6. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  7. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  8. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  9. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  10. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…