チャイコフスキー って場所があった!

チャイコフスキーが生まれた町ヴォトキンスクの位置を探していたら、チャイコフスキーという地名を発見!

ヴォトキンスクの近くです。

チャイコフスキーが生まれた頃は鉱山の町だったということです。

チャイコフスキーのチャイコはロシア語でカモメのことだそうです。

カモメ町のカモメ家の息子という感じでしょうか。

今日の1楽章は

play_circle_filled
pause_circle_filled
チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』3楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地区」世界遺産

  2. 『絶望名言』。難聴のベートーベンの絶望名言とは。

  3. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」が勢力拡大と神聖ローマ帝国

  4. ベートーベンを生んだ神聖ローマ帝国

  5. ベートーベンの弦楽四重奏曲の「ラズモフスキー」の意味

  6. チャイコフスキーの妻