モーツアルトと父レオポルト

モーツアルトの英才教育

モーツアルトはザルツブルクで生まれました。
父親がザルツブルクの宮廷音楽家だったため、5歳の頃から父親に音楽教育を施され、才能を開花させました。

その才能を広めようと父親のレオポルトはモーツアルトを6歳からヨーロッパ各地に連れまわして演奏させ、オン・ザ・ジョブ・トレーニングで鍛え上げました。

パリでのコンサート。父レオポルト、モーツアルト、姉ナンネル

その主な都市は
ドイツのミュンヘン、マンハイム
ベルギー
フランス
イギリス
オランダ
スイス
イタリア
などを訪れ、各地の音楽家と出会い、音楽を自分のものとしていったということです。

ヨーロッパ制覇!!??

各地での公演は評判をとり、父と同様にザルツブルクの宮廷音楽家となりましたが、ここで領主と合わず衝突、新天地ウィーンへ活動拠点を移しました。
1781年、モーツアルト25歳の時です。

モーツアルトが最初に作曲した年齢

モーツアルト交響曲第1番は1764年に作曲されています。モーツアルトが8歳の時です。
三つの楽章からなり、演奏時間は約12分ということです。

play_circle_filled
pause_circle_filled
モーツアルト交響曲第32番2楽章さび
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ。

  2. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  3. ベートーベン作曲 序曲『コリオラン』、序曲『エグモント』

  4. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト」5バージョン全解説

  5. ロシア国立交響楽団[シンフォニック・カペレ]2019

  6. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  1. ベートーベンのパトロン 時代による変遷

  2. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  3. モーツアルト死の謎。わかっていること。いないこと。

  4. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  5. ベートーベン交響曲第1番のパトロンは

  6. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  7. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  8. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  9. チャイコフスキーの妻

  10. モーツアルトのオペラ「魔笛」はフリーメイソンのための曲

  1. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  2. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  3. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  4. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  5. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  6. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  7. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  8. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  9. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  10. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…