デーニッシュ弦楽四重奏団

デーニッシュ弦楽四重奏団が来日しています。
デンマークの今勢いのある四人組です。
曲目は、
モーツアルト 弦楽四重奏曲第17番「狩り」
メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲第2番
この間に北欧伝統音楽集
です。

デンマークの方とお目にかかったことはなく、初めてのデンマーク人でした。
シンプルな黒系のシャツとパンツで、スタイリッシュなスタバのスタッフさんのようないでたち。
+ヴァイオリンが新鮮です。

弦楽四重奏の響きは脳が頭蓋骨の中で揺れ動いているような、α波が出まくっているような気分にしてくれます。
「狩り」は狩りというよりは森の散歩といったような軽やかな楽しげな曲で、うっとりしていましたら。
この次の北欧伝統音楽にびっくり!
テレビ朝日「世界の車窓から」の村の結婚式で仲間が輪になって、手をたたきながら踊りまくる時に流れるようなスピード感のあるキレのあるリズムの曲の連続で、度肝を抜きます。
かっこいい!!
これはよい意味での騙しです。
最初から「デーニッシュ弦楽四重奏団」北欧伝統音楽集ではチケットを買いにくいでしょう。
どちらかというとジャズメンのようなノリノリの4人の演奏です。

それでも今日は
モーツアルト弦楽四重奏曲「狩り」1楽章、冒頭です。

play_circle_filled
pause_circle_filled
モーツアルト弦楽四重奏曲「狩り」1楽章、冒頭
volume_down
volume_up
volume_off

関連記事

  1. ファビオ・ルイージwith N響 メンデルスゾーン

  2. ベルリンフィル・ハーモニー管弦楽団 『英雄の生涯』

  3. パユ様 ソロ

  4. ロシア国立交響楽団[シンフォニック・カペレ]2019

  5. ベルリン・バロック・ゾリステン with樫本大進&ジョナサン・ケリー

  6. ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団のベートーベン8番

  1. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  2. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  3. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  4. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  5. 【新説!】ベートーベン交響曲第3番「ボナパルト」から「英雄」に変…

  6. モーツアルト交響曲第35番「ハフナー」。ハフナー家のための曲

  7. ベートーベン交響曲第3番『英雄』表紙。「ボナパルト」が消された!

  8. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  9. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  10. チャイコフスキーの死因

  1. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  2. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  3. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  4. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…

  5. モーツアルト、ベートーベンをビッグにした「ハプスブルク帝国」と…

  6. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…

  7. 神聖ローマ帝国の貴族がベートーベンをつくった

  8. チャイコフスキー交響曲第2番『小ロシア』改め交響曲第2番『ウクラ…

  9. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  10. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…