ベートーベン作曲「レオノーレ」第1番、第2番、第3番。「フィデリオ」序曲。1つのオペラに4つの序曲の謎。

「フィデリオ」序曲、「レオノーレ」第1番、第2番、第3番はそれぞれ違う曲

ベートーベン作曲の序曲に「レオノーレ」第1番、第2番、第3番があります。
いずれもオペラ『フィデリオ』の序曲です。
1つのお芝居に序曲は1つですが、『フィデリオ』には3種類あることになります。
しかも創作順でいうと、第2番、第3番、第1番の順です。

しかも。さらにもう1つ「フィデリオ」序曲があります。
なぜ1つのオペラに序曲が4つもありごちゃごちゃしているのでしょうか。
その理由をまとめます。

そもそもオペラ『フィデリオ』のタイトルももともとは『レオノーレ』でした。

オペラ『フィデリオ』の原作はフランスの実話をもとに、ジャン・ニコラス・ブイイが執筆した物語『レオノーレ、または夫婦愛』です。
この主人公の名前がスペインの女性レオノーレです。
レオノーレは不当に監禁されている夫を男装して救い出します。
男装した時の名前がフィデリオです。
レオノーレとフィデリオは同一人物です。

オペラのタイトルも序曲も「レオノーレ」だったり「フィデリオ」だったりややこしいです。
レオノーレが活躍するのだから「レオノーレ」でいいんでない? と思いますが、これにはわけがあるのです。
理由はシンプルで、すでに他の人が「レオノーレ」を演じてしまっていて、劇場がこれと混同しないように男装の方の名前「フィデリオ」を使いたかったからだといわれています。
ですが、ベートーベンは「レオノーレ」にこだわっていて曲名は「レオノーレ」としていて当時からフクザツだったようです。

『レオノーレ』は興行的に不評で手を加えていったようです。
変遷は次のとおりです。

初演年 オペラ台本 序曲
1805 第1稿 「レオノーレ」序曲第2番(作品 72a) 不評
1806 第2稿 「レオノーレ」序曲第3番(作品 72b) 不評
1807 「レオノーレ」序曲第1番(作品 138) 序曲だけ書き直し。ベートーベンの生前演奏されず。
1814 第3稿 「フィデリオ」序曲(作品 72c) 大成功

1814年にはさすがのベートーベンも『フィデリオ』で妥協、これは大成功を収めました。

1814年の『フィデリオ』のチラシ

それぞれ全曲聴けます。

play_circle_filled
pause_circle_filled
「レオノーレ」序曲第2番(作品 72a)
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
「レオノーレ」序曲第3番(作品 72b)
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
「レオノーレ」序曲第1番(作品 138)
volume_down
volume_up
volume_off
play_circle_filled
pause_circle_filled
「フィデリオ」序曲(作品 72c)
volume_down
volume_up
volume_off

やっぱり期待感が盛り上がるのは『フィデリオ』ですね!

関連記事

  1. モーツアルトのゆかりの地をめぐるオーストリアの旅 web版

  2. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブルク帝国の都市

  3. ボロディン作曲『韃靼人(だったんじん)の踊り』もウクライナ由来。

  4. モーツアルトのオペラ「魔笛」はフリーメイソンのための曲

  5. チャイコフスキー交響曲第6番『この交響曲のタイトルは謎である』

  6. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  1. モーツアルトの妻・コンスタンツェの真実

  2. 小林秀雄のモーツアルト評「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙…

  3. チャイコフスキーはモスクワ音楽院の理論担当教師

  4. 「ウェリントンの勝利」。ベートーベン作曲ベストヒットNO.1はこれ…

  5. チャイコフスキーのバレエ音楽。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「…

  6. マーラー交響曲第1番『巨人』。『巨人』とつけた理由は?

  7. チャイコフスキーの妻

  8. モーツアルトのオペラ。「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「…

  9. ベートーベンが聴こえなくなったのは何歳?

  10. ベートーベン 「ハイリゲンシュタットの遺書」

  1. チャイコフスキー交響曲1番 「冬の日の幻想」さび

  2. ベートーベンのパトロン、ラズモフスキーはコサックのリーダー=ヘト…

  3. ナポレオンの馬の絵の肖像「サン・ベルナール峠を越えるボナパルト…

  4. ザルツブルク音楽祭 R.シュトラウス、カラヤンがキーマン。映画「…

  5. モーツアルト交響曲第36番の「リンツ」38番の「プラハ」はハプスブ…

  6. ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』の「キエフの大門」はウクライナ…

  7. チャイコフスキー作曲のオペラ『マゼッパ』はウクライナの英雄

  8. ウィーンが「音楽の都」の理由。それはハプスブルク帝国の首都にあ…

  9. ナポレオン 戦争とベートーベン交響曲年表

  10. モーツアルトの生まれたザルツブルクは「ザルツブルク市街の歴史地…